群馬県甘楽町

群馬県甘楽町で暮らす

楽山園/昆明池
〔PR〕タウンライフ

群馬県甘楽町の住みやすさをまとめました

群馬県甘楽町はどんなところ?

甘楽総合公園/かんらDEアンブレラスカイ

城下町の風情が残り、自然と歴史が豊富な街『甘楽町』

群馬県の南西部に位置し、甘楽郡に属する『甘楽町』。
北側に富岡市、西側に下仁田町、南側に藤岡市、東側に高崎市に囲まれたエリアです。
人口は1.2万人、世帯数は4.9千世帯です。(令和4年4月現在)

甘楽町は稲含山の中腹から北の麓にかけて細長い形をしているのが特徴です。
市街地は麓にあたる北部エリアで、国道や電車が通っています。中腹の南部エリアは山と川に囲まれた自然豊かな環境になっています。

甘楽町の中心的な場所の小幡地域は、元々は小幡藩の城下町で国指定名勝の『楽山園』や名水百選の『雄川堰』などがあり、観光スポットとなっています。

群馬県甘楽町のPR動画

楽山園 春の景色(群馬県甘楽町)

春の観光スポット(群馬県甘楽町)

群馬県甘楽町の交通事情はどう?

上州福島駅

将来は甘楽スマートICもできる交通便利な街『甘楽町』

甘楽町の北側には東西を縦断するよう上信電鉄が通っています。
上信電鉄の『上州新屋駅』と『上州福島駅』の2駅があり、上州福島駅から高崎駅までは約30分でアクセスできます。 上州福島駅のほうが利用者数が多いですが、2022年8月に上州新屋駅がリニューアルされ今後の利用者数増加に期待ができます。

甘楽町には予約制のデマンドタクシー『愛のりくん』があり、時刻表に基づいて出発したタクシーが自宅や付近の指定の場所まで迎えに行き、利用者を巡回しながら相乗りして目的地までアクセスするというシステムが定着しています。

甘楽町の幹線道路は、上信電鉄と並行するように通っている国道254号の富岡バイパスと甘楽吉井バイパス)があり、町民の生活道として利用されています。
また、甘楽町には高速道路の上信越自動車道が通っており、甘楽パーキングエリアがあります。
インターチェンジはありませんが、西側に隣接する富岡市内にある富岡ICから上越自動車道の利用が可能です。
現在、甘楽パーキングエリアに接続するスマートIC『甘楽PAスマートインターチェンジ』が計画されており、将来的には高速道路も利用できる便利な街に生まれ変わる予定です。

  • 電車も走っており、電車でも車でも近隣エリアにアクセスしやすい街です。

  • 電車の本数が少ないため、生活には車の方が便利です。

  • 群馬県甘楽町の家賃・住宅・土地相場はどう?

    雄川堰/養蚕農家の街並み

    交通便利なエリアへの変貌に期待できる街『甘楽町』

    甘楽町におけるアパートやマンション等の家賃相場(2022年9月現在)では、全ての平均で5.6万円となっています。
    この周辺は、比較的賃貸物件もあり全国展開しているワンルームマンションなども存在しています。
    これを間取りのタイプ別で平均値を見ると、1R~1Kが約4.5万円程度で、1DK~2DKが5.5万円程度、さらに広い2LDK~3DKであっても6万円程度であり、6万円の予算があればそれなりの物件を見つけることができるでしょう。

    甘楽町全体での土地価格相場(2022年9月現在)を見ると、1坪あたり5.5万円となっています。
    上州福島周辺が7.4万円/坪、上州新屋周辺が6.4万円/坪となっています。
    今後は高速道路のIC開設など交通網が更に良好になる計画がありますので、住宅・土地相場の向上が期待できるでしょう。

  • 家賃などの住宅相場は県中心エリアに比べると比較的安く、住宅関連による金銭的な生活負担が少ないエリアです。

  • 車社会の地域性のため、2台以上の駐車場・車庫を確保しておいた方が無難です。

  • タウンライフで探す PR
    Yahoo不動産でマイホームを探す

    群馬県甘楽町の子育て・教育はどう?

    鏑川/星田大橋

    移住者や子育て世代に手厚い支援をする街『甘楽町』

    甘楽町には、保育園は1園、幼稚園3園、小学校が3校、中学校が1校があり、高校はありません。
    山と川が身近にある自然が豊富なエリアでありながら、歴史情緒溢れるスポットがあるなど、子どもを豊かに育む環境が整っています。

    甘楽町では、結婚を機に町内に新たに住宅を購入、リフォームまたは賃借する新婚夫婦に対し、その住居費、リフォーム費用及び引越し費用の一部を1世帯当たり30万円を上限として補助する『結婚新生活支援補助金』を設けています。 また、甘楽町に新しく住宅を建てたり購入した方に対して7万円が支給される『まちづくり定住応援金』もあります。 他にも、甘楽町では『出産祝い金』として子ども一人につき¥50,000が支給されます。

    甘楽町では健康保険に加入している18歳までの子どもに対し、『こども医療費助成制度』が適用されており、保険診療の自己負担額が助成されるようになっています。他の市町村などではまだ中学生までしか助成を受けられないという市町村も多い中で、子育て世帯に手厚いサービスを提供されています。

  • 田園風景が広がり自然豊かな環境で、安心してのびのび子育てできる環境です。

  • 子どもだけで出かける場合などは車での送迎が必要です。街灯が少ない場所があるため子どもの夜歩きには注意が必要です。

    群馬県甘楽町のお買い物はどう?

    こんにゃくパーク

    ショッピングモールあり、こんにゃくのテーマパークもある街『甘楽町』

    甘楽町での日用品や食品などのショッピングスポットは、国道254号線 冨岡バイパス沿いにあるショッピングモールになります。
    ここには『ベイシア』や『カインズ』など数多くのお店が建ち並び、他の地域から訪れるお客さんも多く、非常に便利なショッピングモールとなっています。

    また、甘楽町にはこんにゃくのテーマ〜パーク『こんにゃくパーク』があります。
    こんにゃく製造を行う株式会社ヨコオデイリーフーズが運営しており、製造工場の見学やこんにゃくをアレンジした料理が食べれるなど、甘楽町の人気のスポットとなっています。

  • 小さい町ながらショッピングスポットが多く食品・日用品の買い物には困りません。

  • 大型ショッピングモールなどは存在しませんので、ファッションや雑貨などショッピングを楽しむ場合は近隣のエリアまで出かける必要があります。

  • 群馬県甘楽町の仕事・求人はどう?

    商業と工業と自然と人が混在する街『甘楽町』

    甘楽町には、ショッピングモールやコンビニ、飲食店などがあり、店舗でのスタッフなどの仕事の求人を見つけることができます。
    また、高速道路が通っているため工場などが多く、製造業や運送業など仕事、簡易作業のアルバイトなど求人も見かけることができます。
    現在、甘楽町が進めている甘楽PAスマートインターチェンジの計画と共に、町への企業の進出や誘致が盛んになることでしょう。

    群馬県甘楽町の独自の助成・補助金制度

    群馬県甘楽町の独自の移住支援制度

    まちづくり定住応援金

    群馬県甘楽町の独自の住宅助成・住宅補助金制度

    まちづくり定住応援金 空き家バンク 空き家リフォーム補助金 木造住宅耐震改修補助 木造住宅耐震診断補助 木造住宅耐震シェルター等設置補助

    群馬県甘楽町の独自の子育て支援制度

    出産祝い金

    群馬県甘楽町の独自の進学及び学費助成・補助金制度

    奨学金返還支援助成金(かんら未来人財応援事業)
  • HOME
  • >
  • 群馬県甘楽町で暮らす