群馬県下仁田町

群馬県下仁田町で暮らす

荒船山
〔PR〕タウンライフ

群馬県下仁田町の住みやすさをまとめました

群馬県下仁田町はどんなところ?

下仁田ねぎの畑

下仁田町は群馬県の南西部に位置し、北東に安中市、東に富岡市・甘楽町、南に藤岡市・神流町・南牧村、そして、西に長野県佐久市・長野県軽井沢町に囲まれ、長野県に隣接する町です。
下仁田町は高い山が周辺にあり、山に囲まれた場所です。平野部に人口が集中し、人口はおよそ6200人程度で、近年は減少傾向にあります。

日本に百名山の中の1つになっている『荒船山』は、岩がむき出しになっており、幻想的な世界観を醸し出しています。
それ以外にも安中市にまたがる妙義山などもあり、この地域に登山やハイキングなどに訪れる観光客で賑わっています。

下仁田町の歴史はとても古く、旧石器時代の遺跡などが発見されています。
この地域でそのような遺跡が発掘されるのは、現在の関東平野が当時は海のそこにあったそうです。
少し標高の高い下仁田町などに住むしか方法がなく、そこで生活していた人たちの遺跡が現在でも見受けられます。

下仁田町の特産物として、下仁田ネギやこんにゃくが挙げられます。
下仁田ネギはブランドネギとして各地で栽培されていますが、この地が元祖ですので、下仁田で採れた本物の下仁田ネギを味わうことができます。
また、この地域は昔からこんにゃくの栽培で有名であり現在でもたくさんのこんにゃくを栽培しています。こんにゃくも下仁田町の特産物として人気の農産物です。

群馬県下仁田町のPR動画

群馬県下仁田町移住定住PRムービー「人と町の風景」

群馬県下仁田町移住定住PRムービー「通院、通学、朝の風景」

群馬県下仁田町移住定住PRムービー「買い物、迎え、夕方の風景」

群馬県下仁田町の交通事情はどう?

下仁田駅

電車以上に車での交通が便利!東京にも関西にもアクセスできる街『下仁田町』

下仁田町を走る鉄道は、上信電鉄上信線の『下仁田駅』があり、上信線の終点となる駅です。上信線は高崎駅まで走り、約1時間でアクセスすることができます。

車の幹線道路は、国道254号線が下仁田町の東西を横断しており、群馬県と長野県をつなぐ道路となっています。
また、高速道路の上信越自動車道は通っており、下仁田インターチェンジがあることから、下仁田町から高速道路に乗り長野方面や埼玉東京方面へのアクセスがとても便利です。
ちなみに東京までは1時間半程度になりますが、時折渋滞をしていることが多く、1時間では到着しないことが多くなります。

下仁田町内を走るバスは、町営バスである『しもにたバス』あり、大人乗車料金が200円で、町内の各停留所を移動することができます。未就学児・小中高生、70歳以上は無料で、運転免許証自主返納者も無料で乗車することができます。
また、道の駅 しもにたは『千曲バス』の高速バス乗り場となっており、関東は東京都の新宿・池袋方面へ、関西は京都方面へのアクセスすることができます。

  • 下仁田駅は上信電鉄の始発駅ですので、高崎駅まで通勤している方は確実に着席して乗車することができます。 池袋駅までの直通の高速バスがあるので、都内へ出るのに便利です。

  • 電車は走っていますが本数が少ないため、やはり車での移動の方が便利です。

  • 群馬県下仁田町の家賃・住宅・土地相場はどう?

    下仁田駅周辺

    長野県にも近く、関東中心にも近い街『下仁田町』

    群馬県下仁田町の賃貸マンション・アパートの相場は1LDKや2LDKであれば5万円以内で見つけることができます。
    しかしながら、物件数が少ないので、選択肢は多くはありません。

    群馬県下仁田町が属する甘楽郡の土地価格相場は4.8万円/坪ぐらいとのことです。山間地帯としては電車や車、バスでの交通網が他の山間遅滞に比べ、便利なことから若干相場が高めとなっています。

  • 家賃などの住宅相場は県中心エリアに比べると比較的安く、住宅関連による金銭的な生活負担が少ないエリアです。

  • 車社会の地域性のため、2台以上の駐車場・車庫を確保しておいた方が無難です。

  • タウンライフで探す PR
    Yahoo不動産でマイホームを探す

    群馬県下仁田町の子育て・教育はどう?

    道平川ダムからの天の川

    自然が豊富で最新の環境教育にも力を入れている街『下仁田町』

    下仁田町は山や川に近く自然が豊富な街で、アウトドアな遊びやレジャーに飽きないエリアです。
    下仁田町は日本ジオパークネットワークに『下仁田ジオパーク』として指定されています。
    ジオパークとは、地球科学的意義のある景観が保護、教育、持続可能な開発のすべてを含んだ総合的な考え方によって管理された、1つにまとまったエリアのことをいいます。
    関東には7つしかない貴重なエリアの1つで、探検教室や生き物観察会など、子どもが楽しんで学べる企画を実施しています。

    下仁田町では、出産後に『出産祝金』として、第一子に5万円、第二子に10万円、第三子以上に20万円を支給しています。
    また、下仁田町は健康保険に加入している18歳までの子どもに対し、『こども医療費助成制度』が適用されており、保険診療の自己負担額が助成されるようになっています。
    他の市町村などではまだ中学生までしか助成を受けられないという市町村も多い中で、子育て世帯に手厚いサービスを提供されています。

  • 自然豊かな環境で、街上げての祭りやイベントも多く、安心してのびのび子育てできる環境です。出産祝金やこども医療費など、子育て世代の支援が積極的なエリアです。

  • 電車の本数が少なく、子どもだけで出かける場合などは車での送迎が必要です。

    群馬県下仁田町のお買い物はどう?

    道の駅 しもにた

    新鮮な農産物が手に入りやすい街『下仁田町』

    下仁田町には、道の駅や個人商店があり、地元の野菜を取り扱っているので新鮮な農産物を購入することができます。
    観光客のための『下仁田こんにゃく観光センター』では、こんにゃくや下仁田ネギなど特産物を購入できます。

    また、スーパーマーケットは『Aコープ下仁田店』とドラッグストアは『ウエルシア下仁田店』が駅に近いところにあり、多くの町民が利用しています。

  • スーパーマーケットがあるため食品・日用品の買い物には困りません。また、商品が充実した道の駅があるので、新鮮な食品を常に手に入れることができます。

  • 大型ショッピングモールなどは存在しませんので、ファッションや雑貨などショッピングを楽しむ場合は近隣のエリアまで出かける必要があります。

  • 群馬県下仁田町の仕事・求人はどう?

    林業の仕事が盛んな街『下仁田町』

    下仁田町は、山間地帯ならではの農業や林業などの仕事が活発なエリアです。こんにゃくを特産物としている下仁田町ではこんにゃくを食品に製造するこんにゃくの製造業もあります。また、下仁田町では『こんにゃく手作り道場』としてこんにゃく製造を体験することができます。

    群馬県下仁田町の独自の助成・補助金制度

    群馬県下仁田町の独自の移住支援制度

    移住促進奨励金制度 結婚祝金

    群馬県下仁田町の独自の住宅助成・住宅補助金制度

    空き家バンク 空き家等利活用支援事業補助金 木造住宅耐震診断者派遣事業 木造住宅耐震改修事業

    群馬県下仁田町の独自の子育て支援制度

    出産祝金 入学祝金 結婚新生活支援事業 保育園・こども園子育て応援活動 保育料無償化

    群馬県下仁田町の独自の進学及び学費助成・補助金制度

    ねぎとこんにゃく下仁田奨学金制度
  • HOME
  • >
  • 群馬県下仁田町で暮らす